スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身近な人の死

"Cooking"じゃないブログ


直前の日記から約2年間.つまり僕は大学を修了し,晴れて社会人になって2年目.
同時に,寮生活も2年目で,包丁を持たなくなって2年目.

「Hottn Cooking」なんてブログのタイトルにしたが故,Cookingをしていない僕はブログを更新するモチベーションを失い,さらに時代はブログから,より負担の少ない「ミニブログ」,「マイクロブログ」へと移行し,尚更筆は遠のいていた.
ここ数ヶ月は,Safariの更新に伴い,今まで表示できていたプラグインが機能しなくなったようで,ブログ自体の表示さえされていなかった.CSSを弄る時間があまりないので,取り敢えず借り物のテンプレートに設定した.

仕事中に訃報


今日の午前中,僕の大学時代の友人から,同じく大学時代の友人の訃報を受けた.
死因も分からなかったし,死そのものの情報も不確かだったので,本人に電話を掛けた.

数分後,本人の電話から折り返しの着信があった.彼の親御さん(母親)からだった.
  • 今年の6月28日に亡くなったこと.
  • 去年の5月から白血病を発症していたこと.
  • 本人は病気のことは他の人には知らせたくなかった(治してから知らせたかった)こと.
  • 大学(教養時代)の友人関係が分からなかったので,僕たちには連絡できなかったこと.
  • 彼の最後の願いは,より多くの人に骨髄バンクへの登録して貰うことだったこと
親御さんと話していると,悲しみが直で伝わって来て,胸が苦しくなる.そして,僕はこういう時になんて言えば良いのか分からなかった.

今まで,「身近な」人の死は,祖父だった.
当時僕は浪人しており,上京して東京の予備校に通っていた.
3月,大学に合格して親に連絡した際に,その電話で祖父の死を伝えられた.
その年の10月(約5月前)に亡くなった,と.
僕は身近な人の死を知るのがいつも遅い.

"ライフログ"なんて言葉を知っている人はまだそんなにいないかも知れないが,例えばSNSと言えばきっと皆知っている.
僕は家に帰ってから,彼の写真を探した.
今でこそ,Flickr(写真)やFoursquare(行った場所),Twitter(呟き)など,そこそこの量のライフログデータを残していると自負しているが,大学生初期の頃のデータは思った程なかった.
とは言え,当時流行っていたSNSであるMixiがなかなかのライフログっぷりを発揮しており,彼と一緒に鎌倉に行ったこと,ボーリングをしたこと,新年会をしたことなど,懐かしい写真が残っていた.ご冥福をお祈りすると共に,差し支えなければ,写真データを彼の親御さんへお渡ししたい.

電話の最後に,親御さんから言われた.
「息子は早く逝ってしまったけれど,○●さんは息子の分まで長生きして下さい.」
僕は,言われた時の気持ちを忘れたくないから,2年ぶりにブログを更新して残すことに決めた.
スポンサーサイト

とろとろ卵とじ豚丼

研究者・技術者は素晴らしいね


色の見え方の違い
「自分が今見ている色は,他の人から見ても同じ色だろうか.例えば,今自分が見ている青色が,他人からみたら赤色だってことはないのだろうか」

『青は,海や空の色だよ』と説明しても,『青は涼しげな色だよ』と説明しても,青が赤に見える人にとっては赤が海や空の色であり,涼しげな色なはず.

でも,今までに人間は何体も解剖されて,目の組織を調べられてきたはずで「ここが青色を感じる部分」「どの人の組織も全て一緒」っていうのが分かれば,人であれば自分が見ている色と他の人が一緒だってことは確からしい.きっと.


男と女の感覚(例えば痛み)の違い
「そんなもん誰も自分と違う性別になれるわけないのだから,純粋に比較なんかできないじゃないか」

これも,(同じ痛みの強さを感じる)神経の数が男女でどちらがどれだけ多いです,と説明を受けると,納得せざるを得ない.

広い意味で研究者・技術者は,こういう問題を解決できる点で素晴らしいね.
ただ,僕はそんなに憧れなかったのだけど.



パテントエンジニアって?


そんな自分は来年度から,パテントエンジニアの道で頑張ることに決めました.結構最近ですが.
"エンジニア"とは言っても,"法律の専門家"と言った方が正しく,例えば僕の様に電気系(画像処理系)研究室からの進学先としてはマイナーだと思います.(といっても,パテントエンジニアのほとんどは理系大学院上がりではあるけれど)
根本的に昔から「出来るだけ人と同じ道は選びたくない」精神があり,人とはちょっと違う道へ進めたことには納得しています.
このへんの話は,書くとえらく長くなるので割愛しますけど,一言だけ言うと,最初は動画作るの好きで,面白い映像をたくさんの人に見てもらいたいな,と思っていました.

死に至る病


この春,僕にはいくつかの問題が同時にのしかかっていました.
就職のこと,研究のこと,家族のこと,そして病気のこと.
最後の「病気」については,実際にかかったというよりは,死に至る病である可能性がありました.しかも2つも.
もちろん,人間(というか生き物)はいつかは死ぬので,生まれた瞬間に死に至る病にかかっていると考えることもできます.というか,当時の僕もそう考えてみました.
しかしながら,他の人があと50~60年生きるのに対し,自分は大体10年(そのうち何年かは病院のベッドの上?)だとしたら,それは非常に厳しいです.(自分で疑いをかけた具体的な病名については伏せますが,病院で看てもらい2つとも命には関係なく,今は健康です^^;)
生まれて初めて死について身近に考えました.
その時強く思ったのが,「自分の生涯が学生で終わるのは嫌だ.社会人として仕事をしたい」でした.

スティーブ・ジョブズの名言


スティーブ・ジョブズ (Steve Jobs) という人が2005年,スタンフォード大学で行ったスピーチは非常に有名です.「スティーブ・ジョブズ スピーチ」あたりでググるとたくさん見つかります.)
その中で,下記のようなフレーズがあります.

「もし今日が自分の人生最後の日だとしたら、今日やる予定のことを私は本当にやりたいだろうか?」。それに対する答えが“NO”の日が幾日も続くと、そろそろ何かを変える必要があるなと、そう悟るわけです。


もし,人生残り50年あるのであれば,数年くらい"NO"の日が続いても許せそうです.ただ,もし10年だったら?体が自由に動かせる期間がもっと短かったら?
もし,人生残り1週間だとしたら,何をするだろう?今までにやり残したことをやる?それともこれからやりたかったことをしてみる?

少なくとも,人生残りが何年あるかで,自分がこの1週間で何をするか,明日何をするか,いや,今何をするのかというのは変わってきます.それは,死から逆算してやるべきことを決めているとも言えるかもしれません.
でも,あと10年だと思って過ごしても,50年だと思って過ごしても,どちらも同じ時間なのだから,理想的にはいつ死んでもおかしくないと思って過ごせたら良いのでしょうね.僕には出来そうもないけれど,少なくともあと50年とは思わないです.(そういう意味で,スポーツ選手などの「選手生命」は,擬似的な余命宣告みたいなものですかね.)

上のジョブズのスピーチは,常に自分に危機感を与えるという意味で,病気の疑いをかけていた頃に再び思い出しました.

これからの料理動画


もし,あなたがこの"中二病"日記みたいなものを読んでここまで来たとしたら,それは同じく中二病か,物好きです.もし後者であり,かつTwitterのアカウントを持っているのであれば,ぜひhottnをfollowしてみて下さい・・・というジョークはさておき,今後も何かしら面白い動画を作って行きたいなと思っています^^
人生暇してるぜ (!?) という方は,hottn85's Channelや,ニコニコ動画のアカウント持ってるぜ,という方はhottn さんの公開マイリストで暇つぶしできます.罵倒バッチコイなのでぜひコメントもどうぞw
これからこの料理ブログについても月1目指して(え?)更新して行きたいと思います.
349
豚肉で作ったので「親子丼」ではなく「卵とじ豚丼」なのかなぁと^^;>>タイトル

このエントリーをはてなブックマークに追加

コンセルトヘボウとゴッホ美術館~オランダ~

今月,オランダのアムステルダムに行って来ました~.
ひょんな流れで,ニコニコ動画に料理の動画アップロードしてるってことで,という放送機器展とやらで,"若い世代のメディア消費"についてのディスカッションに参加してきましたw

ディスカッションは,なんとかなった気がしますw
終盤はオランダ観光も出来たので,今回はそのいくつかを紹介します^^

コンセルトヘボウConcertgebouw

コンセルトヘボウ[写真上段]とは,世界三大コンサートホールの一つだそうです.
アムステルダム市内は,トラムと呼ばれる路面電車交通[写真下段右]がよく発達していて,学会期間中の無料パス券を持ってはいたんですが,使い慣れた頃には帰国というありがちな感じでした(汗
演目はオランダ語で読めなかったんですが,聞いたことのある曲もいくつかあって良かったですw 料金も30歳未満は€1010ユーロ≒1,300円)で,途中の休憩は外の廊下でドリンクのサービスもあり,優雅な時間が過ごせました(^ω^)

※ホール内の撮影が許可されているのか不明でした.もし不可でしたら削除致します.
(I'll delete my photo of the hall if it is prohibited.)

公式HP
オランダ政府観光局のページ

Concertgebouw 2Concertgebouw 5Van Gogh Museum 1IMG_3542

ゴッホ美術館Van Gogh Museum

有名な画家のゴッホ(フィンセント・ファン・ゴッホ)のミュージアムです[写真下段左].上記のコンセルトヘボウと目と鼻の先にあります.€12.50払って中に入ると,教科書でよく見るような代表的な画がたくさんあってちょこっと興奮しました(・∀・).確か€2くらいでヘッドセットが借りられて,画によっては説明が聞けるようになります(言語選択で日本語もありますw).
ゴッホは,日本の浮世絵師の喜多川歌麿の絵も模写していることは結構有名(?)だと思います.ゴッホの愛した歌川派(浮世絵)美術館
余談ですが,先週,研究室旅行で那珂川町馬頭広重美術館に行く機会があって,ゴッホに模写された元の絵がありましたw

IBC2009でExhibitionも一通り回ってきて,欧州最大の放送機器展というだけあって,テレビ局の副調整室(サブ)にありそげな"卓"や,カメラや照明など色々あって面白かったです.日本の企業のブースには日本人の方もいたりしたんですが,自分はパネルディスカッションのパネリストという場違いな身分(?)だったこともあり,誰にも話しかけられなかったです(汗).いじれるカメラとかちょこっと触ってきた程度ですかねw
IMG_3461IMG_3487IMG_3475IMG_3476

おまけ:マレーシア料理だかとアルゼンチン料理だかですw
16891665

Read more ▸

ぽてっとグラタン

学年が上がり大学院の一年生.
卒業に必要な単位数がリセットされて,今学期は久々に講義の日々.

降ってくる雑用をこなす4月.
学会発表や,レポートをこなしたり,やっぱり雑用をこなしたりする5月.
色々なインターンシップも選考も始まる夏先.
その他,春から新しく運動する場を見つけて,週末はバレーボールにちょいちょい参加.
(学部の時からバレーボールは続けてるんですー^^)

・・・
と,そんなこんなで久々の更新となってしまいましたw
今は講義は終わったんですが,レポートがたくさん残っていて,8月からはインターンシップが始まったり・・・と,かなり忙しいながら充実していますw
今年は就職活動などあって,自分の人生にとってとても大切な年なので,負けずに頑張りますー!(`・ω・´)

今回の料理は,* Orange Kitchen *で紹介されていたぽてっとグラタンです.実はこれ,今年のGWに開催されたニコニコ料理祭で作ったやつなんですよ.
こちらで紹介するのにかなり時間が経ってしまいました(汗)
動画は,「続きを読む」で.


< ホワイトソース >
バター(15g)レンジ混ぜる混ぜるレンジ味付け合せる
小麦粉(大3)かき混ぜ
牛乳(250ml)3セット
玉ねぎ(半分)微塵切り炒める
舞茸(適量)ほぐす

< グラタン(4つくらい)>
じゃが芋(2個)レンジくり抜く合体オーブン
生ハム(適量)200℃
チーズ(適量)20分~
ホワイトソース

ぽてっとグラタン完成!
送信者 Cooking


くり抜いたジャガイモも器に入れると,ジャガイモの占める割合が大きくなって,「ほくほくお芋」って感じになりますw
くり抜いたジャガイモの代わりにホワイトソースの割合を増やすとまさにグラタンっぽくなるんですが,中身も柔らかくなるので器に入れるのが難しくもなりますw
この料理の難しいところは,何と言ってもジャガイモのくり抜きです.
レンジの時間が足りないとジャガイモが固くてくり抜けないですし,レンジで十分加熱するとフニャフニャになって器を作るのが難しくなります.結局,アルミホイルなどで補強することで中身を詰める事はできるので問題ではないんですけどね^^;

Read more ▸

愛媛(松山)

いよいよ3月も終わりですね.
卒論が終わってから,研究室関係のお手伝いとか,お疲れ会,愛媛の学会,サークルの合宿,卒業式,追いコンなど,意外と盛りだくさんでした.

そこで,いろいろと振り返りたいと思います.

2/25-26,大学の入学試験(2次)
今年は研究室関連のお手伝いなどがあった為,初めて入試期間中に大学に潜入(?)しました.
両日とも昼くらいだったこともあり,構内は普段と変わらないんですよね.
受験生以外にとっては一大イベントでも何でも無いっていうのが今思うと悲しいような何と言うかw

合格発表の日,大学院の入学金を納めて暇だったんでちょろっと見てきました.
2167
合格発表も自分の時以外では初めて見たので,これは本当に懐かしかったです.
入学したときって凄く騒がれるんですよねww
しばらくすると誰も騒いでくれなくなるんですけどw


3/17-20,愛媛(松山)での学会
「みんな行ってきてね」という感じで研究室の4年生は全員行ってきました~.(応募すれば全員発表できるんでw)
自分の発表は,緊張しちゃって個人的にイマイチでした.ちょっと反省...
みんなでご飯食べにいったり,松山城に行ったり,道後温泉(=千と千尋の神隠しのモデル)にも行ったりで結構満喫してきましたw(σ・∀・)σ
路面電車213121212127

行った時に,ちょうど何かのお祭りをしていて,初めて野球拳を生で見ましたw
オリジナルの野球拳って,「ジャンケンして勝ったらお土産みたいなのを貰える」ってイベントなんですねw.公衆の面前で野球拳とは松山の風土これいかに!?と思っていた自分は恥じて死ぬべきでしょうかw


3/24,卒業式
直前までサークルの合宿で,前日は諸手続きしてたり,親と姉と食事したりで結構慌ただしかったですw.でも.いざ会場に来てみると厳かな会場の雰囲気だったり,1,2年の時の懐かしいクラスメート等に会ったりでなかなか感慨深かったです.卒業式とかの節目の行事って自分の中では結構重要だなぁと思いますね.昔の卒業式も覚えてますし.
あと学生生活は(順調に行けば)2年間なので,食いの無いようにやりたいことやりたいです.


おまけ,FoodLogの紹介
BETA版ですが,最近一般公開されたので紹介を.
食事等の画像を撮って,Flickrにアップロードしていくと,食事とそれ以外の画像に自動で分類して,食事画像については栄養分析等をやってくれるサービスです.
特に,自分の食事の画像をよく撮る人で,既にFlickrやってる人はすぐ試せるのでやってみると面白いかもしれません.foodlog (http://www.foodlog.jp/)


1時間後にはもう4月.
新たな気持ちでまた料理の動画とか撮って編集していきたいです(え?w).

プロフィール

Hottn(ホッツン)

Author:Hottn(ホッツン)
電気・情報系の大学院を卒業し,2011年度から電機メーカー勤務.
学部・修士共にライフログの研究に従事。修士過程では,画像処理を用いた食事画像の解析(ベイズの定理を用いたバランス推定)について研究.


よく参考にするTV番組は「ためしてガッテン」です.

HottnCooking




Favorite
    LifeLog/ Mac/ iPhone/ GoPro/ FinalCut/ YouTube/ ニコニコ動画/ 料理/ ウルトラマン/ 久石譲/ ジブリ/ ドラマ/ 映画/ カラオケ/ バレーボール/ サッカー/ テニス/ カフェ/ ファミレス/ 読書

リンクフリー.
Feel free to link this page.
寧ろ,気に入ったものはこちらから勝手にリンクを貼っています.
もちろん相互リンク,トラックバック,コメントなどして頂けるととっても嬉しいです.


hottncooking
ホッツン クッキング

おすすめ

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。